親知らず

親知らずの治療

親知らずが生えていますか?
一番奥に生えている歯が親知らずと思っている患者さまも多いのですが、親知らずとは、第3大臼歯や智歯とよばれ、15歳頃から生える前歯から数えて8番目にある歯のことです。

鏡の前で大きな口をあけてみてみると、一番奥に横向きに生えてしまっているものや、半分は歯肉に埋もれているもの、上にはあるけど下には生えていないかも?など、他の歯と比べて、生え方が少し問題あり!という方が多いトラブルが多い歯と言えます。

親知らずの注意点

鏡で確認しても、親知らずは大きな口を開けないと見えません。
歯ブラシも当てにくい、磨きにくいケアが難しい歯と言えます。

一番奥にあるため、プラークが溜まりやすい、お口の中でも特に虫歯になりやすい環境にある歯と言えます。まっすぐ生えている場合でも磨くのが難しい歯ですが、少し斜めに生えてしまったり、前の歯をおすように横向きに生えている場合や、半分だけ歯肉をかぶっている場合などは、ことさら、歯磨きに注意が必要です。

親知らずを放置する影響

まっすぐに生えている場合は、まだトラブルが少ないと言えますが、こんな状況の親知らずは放置するのはリスクが高いという状況をここでお知らせします。
前にも述べましたが、やはり半分だけ歯肉をかぶっている状態の親知らずや、歯がまっすぐに生えずに斜めや真横に生えて前の歯を押しているような状態の歯は要注意です。
半分歯肉をかぶっている場合には、虫歯のリスクと、親知らずの周りが不衛生になることで発生する炎症に注意しなくてはなりません。

お口が開かなくなる智歯周囲炎

智歯周囲炎というのは、親知らずの周りが磨けないために不衛生になり細菌が増殖し、体調不良などの際に親知らずのまわりに炎症が起きて、お口が開けづらい、飲み込みにくいなどといった症状がでる炎症です。痛みが強く、痛み止めが必要となります。治療には、抗生剤を投与し細菌を取り除き炎症を小さくしてから、親知らずを抜くこととなります。

お口の中を傷つけることもある親知らず

本来ならば、人間の口の中には上下左右を合わせて4本の親知らずが生えることになっていますが、1本しか生えていなかったり、場合によっては3本は生えているけど右上だけ生えていないなど、上下でかみ合っていない場合などがあります。上下の歯がきちんとかみ合っていないことにより、時に舌や頬の内側を噛んでしまったりするリスクがあります。

歯並びを変えてしまう親知らず

親知らずの生える向きによっては、歯並び全体に影響を与える可能性もあります。90度横向きに前の歯を押すように生えてしまうと、ぐいぐいと前に歯並びを押してしまうのです。結果として、歯並びがガタガタになり、かみ合わせが悪くなることもゼロとは言えません。

親知らずは抜くべき?抜かないべき?

治療にいらっしゃる患者さまから受ける質問に、“親知らずがあるのですが、抜いたほうがいいですか?”という質問があります。

抜くか抜かないかは、患者さまのお口の状態によってケースバイケースと言えるのが現状です。
“親知らずだから抜いたほうがよい”ということはなく、きちんとブラッシングができていてお口の環境がよい、生え方に問題がないといった場合には、抜かずに他の歯と同様にケアしていくことが可能です。

しかし、親知らずがブラッシングしにくい口腔環境や、頬の内側を頻繁にかんでしまうといった場合には早い段階で抜くことをお勧めします。

時間がたてば経つほどに、歯と骨がしっかりとくっついてくるために、抜歯も難しくなり、治る際にも時間がかかりやすくなる傾向があるためです。

ご不安な場合には、一度来院の際に、ご相談ください。患者さまのご希望も含めて、状態や今後についてご説明いたします。

親知らずを抜くときの痛み

親知らずは普通の歯医者さんでも抜けるのでしょうか?という質問もうけることがあります。

親知らずは6歳臼歯や12歳臼歯に比べて根が短い場合が多いので、まっすぐに生えている場合などは、他の奥歯よりも抜くのが簡単なこともあります。
しかし、親知らずは、歯肉をかぶっていたり、歯の神経や唇の感覚を担っている神経に近接していることが多いため、専門的な訓練を受けた歯科医師が抜くべき歯でもあるのです。
当院では、親知らずと神経の距離を画像から判断し、多くの症例を経験した熟練した歯科医師が対応しています。
麻酔を行い、傷口に汚れが溜まらないように縫合を行い、治療後には痛み止めと感染予防の抗生剤を処方しています。

親知らずを抜くときの痛みも、術後の管理をしっかり行っていれば他の歯を抜くときと大きな差はないと言えます。

三条河原町デンタルクリニックの無料メール相談