インプラント

歯を失ってしまうとどうなってしまうのでしょうか…

不幸にして歯を失ってしまった場合、従来では、取り外しの“入れ歯”か、両隣の歯を削って連結の被せをはめる“ブリッジ”という方法が一般的でした。
しかし入れ歯には違和感や痛み、噛めない・しゃべれないといった機能的な問題、また審美的にも満足できないことが多く、ブリッジでは虫歯ではない健康な歯であっても両隣の歯を削る必要性、それによる将来的な不安などといった問題点があります。
また、いずれの方法も、その周囲の歯に許容量を超える負荷がかかったり、歯を削る必要があったりといったことにより、歯を失ってしまった部分だけでなく、その周囲にまで問題が広がってしまうといった影響がありました。 結果、徐々に歯を失っていき、最終的には総入れ歯になってしまうという方が非常にたくさんいらっしゃいます。
インプラントは、上記の問題を解決できる治療法となっております。

インプラントによって“新しい歯”を再び手に入れる

インプラント治療とは、歯を失った部分の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込んで、新しく歯を作っていくという比較的新しい治療法です。入れ歯と違って取り外しではないため違和感もありませんし、本来の自分の歯と同じような感覚で噛めるようになります。
インプラントによって、“新しい歯”を再び手に入れることができるのです。 また、両隣の歯を削る必要性もなく、周囲の歯への影響がありませんので他の歯を守るといった点からも大変優れた治療法といえます。

インプラント治療は、限られた方のための特別な治療ではありません!

インプラント治療とは、歯を失った部分の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込んで、新しく歯を作っていくという比較的新しい治療法です。入れ歯と違って取り外しではないため違和感も少なく、自分の歯と同じような感覚で噛めるようになります。また、両隣の歯を削る必要性もなく、周囲の歯への影響がありませんので他の歯を守るといった点からも大変優れた治療法と考えております。もし、京都でインプラントをお考えならば、是非一度、京都の総合歯科医療を提唱する歯医者、三条河原町デンタルクリニックにご相談ください。治療からアフターケアまで、患者様一人一人にあった解決法をご提案させていただきます。

三条河原町デンタルクリニックの無料メール相談