虫歯を早い段階で治療

歯科医院に通う原因の多くが虫歯です。そして、歯科医院がキィーンという歯を削る嫌な音と、痛いところというイメージを作り出しているのもこの虫歯のせいであるといえます。歯科医師にとっては、虫歯は倒すべき敵であり、なぜか虫歯のせいで歯科医院=嫌なところという悪役になってしまっている原因ともいえます。最近は、虫歯予防や歯周病予防のために、定期的にクリーニングや検診に訪れる患者さまも増えてきていることが、歯科医師としてはうれしい事です。

細菌との関係

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は、実は無菌状態です。そのままの状態であれば、もちろん大人になっても虫歯にはならないのですが、食事などの日常生活を通してお口の中には、虫歯の原因となる細菌と、お口の健康を守る良い細菌とが住み着いていきます。

大切なのは、虫歯の原因となる悪い菌をお口の中に入れないことです。

大切な感染の窓期間

生後19か月から31か月の頃は、乳歯も生えそろい、離乳食から通常の大人と同じような食べ物へと転換していく時期です。実は、この時期が大切なのです。
残念ながら赤ちゃんの虫歯感染の多くが、お母さんなど身近な家族から感染するものです。赤ちゃんと接するときには、食事の際には食器を分けることや、ご自身のお口に虫歯がある際には、早期に治療を行うなど虫歯菌の数を減らすことが大切です。

虫歯の痛み

治療が痛いから、キィーンという歯を削る機械の音が苦手だからという理由で、歯科医院の敷居が高いとおっしゃる患者さまがいらっしゃいます。
しかし、一番の治療は、虫歯を早い段階で治療を行うことです。
虫歯が小さければ小さいほど、歯の神経から遠い位置に虫歯があるので、痛みが小さくて済むのです。

歯の一番外側は、エナメル質という物質でできていますが、この部分のみの虫歯であれば、痛みがありません。
そのため歯を削る際にも麻酔も必要なく、場合によっては削らずにフッ素を塗るなどの治療で済むことがあります。

では、痛みが出てくるのはどこまで進んでしまった虫歯のことでしょうか?

エナメル質の内側には、象牙質という物質、この象牙質の内側には血管や神経が通る歯髄があります。

簡単に表現すると、虫歯の痛みとは、この象牙質に虫歯が進み、歯髄に振動など刺激が加わることにより痛みが発生するとイメージしてみてください。

虫歯の治療方法

虫歯の治療は、もちろん基本は虫歯の部分を削って取り除いて、詰めたりかぶせ物をすることですが、治療方法や詰め物やかぶせ物の素材は日々進化しています。

かつては、銀歯といわれる詰め物をしていた部分には、歯の色と同じ詰め物を入れることができます。

歯のかぶせ物も、かつては歯の色とはかけ離れた銀色のかぶせ物が主流でしたが、現在では歯と同じ白い色のかぶせ物があり、なかでもセラミックによるかぶせ物はアレルギーが起こりにくく、色合いも透明度や光の加減まで実際の歯に近く優れた強度を持っています。

虫歯の予防方法

“虫歯の予防方法はなんですか?どうやったら虫歯にならないですみますか?”
と患者さまから質問を受けることがあります。

歯科医師としては、

  1. しっかり磨くこと
  2. 定期検診をうけること
  3. クリーニングを受けること

の3つをお答えしています。

これら3つは、予防の基本中の基本です。
最も簡単なのが、ご家庭でのブラッシングですが、毎日行う歯のブラッシングは、簡単なようで実はとても難しいのです。
それぞれ磨き方には癖があり、よく磨けている歯と、磨いたつもりでプラークがとれていない場合もあるのです。

歯科医院では、ブラッシングの方法についても、じっくりご説明しますので、来院する際には、ぜひ歯ブラシをお持ちください。

その際に、定期検診やクリーニングを受ければ万全です。小さな虫歯があればすぐに治してしまいましょう。細菌の巣となる虫歯を無くしてしまえば、虫歯の原因となる細菌が減少しお口の環境を改善することができます。

毎日のブラッシングの際には、ぜひ歯と歯の間の隙間を磨く、デンタルフロスや歯間ブラシを一緒に使ってみましょう。歯ブラシだけでは取りにくい汚れを、小さな隙間から掻き出すことができます。

そして、ぜひ併用してほしいのがフッ素を配合している歯磨き粉の使用です。

日本でよく使用されている歯磨き粉のうち、ほぼ9割に近い歯磨き粉にフッ素が配合されています。

フッ素は、虫歯のできはじめの状態に、作用し修復してくれる効果があります。

会議の時間が迫っていてランチの後に、歯磨き時間がない!!といった際には、せめてうがいだけでも、もしくはフッ素配合のキシリトール系のガムを噛んで会議に臨んでください。

虫歯の予防は、毎日の小さな積み重ねが一番の治療方法です。

三条河原町デンタルクリニックの無料メール相談